自己破産者 闇金 利用

闇金利用者には自己破産者が多い?

 

あなたは「闇金からお金を借りる」事についてどう思うでしょうか。

 

何処からも借りる事が出来ないとなれば闇金でも良いから借りてしまおう、という気持ちがあるのならば、考えを根本から改める必要があるでしょう。

 

闇金がどのような利用者をターゲットにしているか御存知でしょうか。

 

一番ターゲットにされやすいのは「他で借りる事の出来ない人」です。

 

つまり、信用情報に傷がある多重債務者や自己破産をした人、延滞を繰り返している人が利用者として狙われやすいと言えます。

 

一度自己破産をすると、10年くらいは信用情報機関から自己破産をしたという情報が消えないようです。
分かり易く言うと、10年間ブラックリストから消えないということになります。

 

10年間ブラックリストに載るということはつまり、その間金融機関からの借り入れが一切出来ないという事を意味します。

 

それを良いことに自己破産をした人に優しいふりをして近づいて来るのが「闇金業者」なのです。

 

他で借りる事が出来ない自己破産者は、闇金だとは分かっていながらも有り難く借りてしまうことも多く、闇金利用者となって行くケースが多いです。

 

そのため、「自己破産者には闇金利用者が多い」という図式が成り立ってしまうのです。

 

しかし、本当にそれで良いのでしょうか?

 

一度自己破産をして借金を整理したのに闇金利用者になってしまったら、また借金に追われる生活が始まってしまいます。しかも相手は「闇金」なのです。

 

闇金は違法を承知の業者ですから、何を仕掛けてくるか分かりません。
深夜や早朝の取り立ても、えげつない嫌がらせも平気でして来る業者です。

 

そんな業者に、今後の人生を狂わされても良いのでしょうか?

 

自己破産をし、借金を整理したのですから、新たな気持ちで人生の再スタートを切りたいものです。
自己破産をした後は、「お金がないから何処かから借りる」という考えを改めるチャンスではないでしょうか。

 

ブラックリストに載っているため貸してくれる業者が無い→でもどうしても借りたい→闇金から借りるしかないという考えになってしまっては、また同じ道をたどることになってしまいます。

 

この機会に、お金を借りる以外に何か方法はないか、良く考えてみて下さい。

 

自分では精一杯やりくりをしているつもりでも、まだまだ方法があるかも知れません。

 

頭を捻って、お金を借りなくても良い方法を絞り出して下さい。
また、当然のことながら贅沢やギャンブルなどは控えなくてはなりません。

 

ギャンブル依存症になってしまっている場合には簡単に抜け出せないかも知れませんが、闇金利用者になってしまえば今後転落の一途を辿ることになるのです。

 

今の欲望と今後の人生、どちらが大事かは言うまでも無いはずです。

 

自己破産をして何処からもお金が借りられないからと言って、闇金利用者になってしまうことは絶対にやめるべきです。

 

もしどうしても同じ考えが堂々巡りをしてしまうという方は、様々なサイトを参考にしたり、本を読んだりして考え方を変えて行くべきです。

 

あなたの大事な今後の人生のために、意識してお金に対する考え方を変えて行きましょう。

 

 

 

[ トップページへ戻る ]