闇金 嫌がらせ 対策

 

闇金問題に強い法務事務所の連絡先一覧


ウイズユー司法書士事務所

 

名称 ウイズユー司法書士事務所
代表 奥野正智
(おくの まさとも)
登録番号 大阪司法書士会 第2667号
所在地 〒530-0044
大阪府大阪市北区東天満1-11-15
電話番号 0120-564-006
概要 まず、こちらは弁護士事務所ではなく、司法書士が集う司法書士事務所です。よく、司法書士に闇金問題が解決出来るのか?と聞かれます。ですが、司法書士も弁護士と同様に法律の専門家です。弁護士とは少々問題の解決方法が違いますが、その点も踏まえしっかりとご説明させて頂きます。何より、これまでに多くの闇金問題を解決したという実績がありますのでご安心下さい。ご相談は無料です。いつでもお気軽にご相談下さい。
ホームページ http://withyou1.com

ジャパンネット法務事務所

 

名称 ジャパンネット法務事務所
代表 小宮山博之
(こみやま ひろゆき)
登録番号 東京司法書士会 1392号
所在地 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-19-11
電話番号 0120-501-769
概要 闇金問題の処理は実績と経験が豊富な法律の専門家であるジャパンネット法務事務所にお任せ下さい。私たちが違法な取り立てからあなたをお守り致します。もちろん、借りたお金の返済は不要です。完全に関係を断ち切り、アフターフォローも万全です。ひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談下さい。ご相談は何度でも無料。24時間365日いつでも対応可能です。
ホームページ http://www.japannet.co.jp

ウォーリア法律事務所

 

名称 ウォーリア法律事務所
代表 坪山正義
(つぼやま まさよし)
登録番号 大阪司法書士会会員 第3831号
所在地 〒530-0047
大阪市北区西天満4-10-4
電話番号 0120-501-548
概要 戦う正義の司法書士として闇金問題に真向から立ち向かう法務事務所がこちら、ウォーリア法務事務所です。闇金への支払いは依頼した瞬間から一切不要!もちろん相談料は無料で24時間相談を受け付けしています!あなたと共に戦うウォーリア法務事務所に是非一度ご相談下さい。
ホームページ http://www.warrior-law.com

エスト リーガル オフィス

 

名称 エスト リーガル オフィス
代表 東口昌弘
(ひがしぐち まさひろ)
登録番号 大阪司法書士会所属 第3524号
所在地 〒531-0072
大阪市北区豊崎3-4-14
電話番号 0120-137-256
概要 ご自身だけではなかなか解決出来ない問題、その一つに闇金問題があります。断っても勝手に貸し付けされてしまう闇金は、一度関係を持ってしまうと、その関係を断つのが非常に困難と言われています。ですが、私たちエスト リーガル オフィスにご相談下さればその問題は間違いなく解決することが出来るでしょう。まずは無料相談からお気軽にお電話下さい。
ホームページ http://est-legal.com

Duel(デュエル)法律事務所

 

名称 Duel(デュエル)法律事務所
代表 正野嘉人
(しょうの よしと)
登録番号 東京弁護士会 第19816号
所在地 〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町16-5 新日本橋長岡ビル3階
電話番号 0120-166-025
概要 私達は闇金による取り立て、脅し、そして高利の貸し付けを絶対に許しません。私達はご相談者様を責めることは一切ございません。借りた人が悪いのではない。貸す方が悪いのです。闇金問題は、闇金問題に注力するDuel(デュエル)法律事務所にお任せ下さい。あなたの生活を元通りに出来る自信があります。ご相談は無料です。お気軽にお電話下さい。
ホームページ http://duel-lawoffice.jp

 

闇金嫌がらせ対策 - 目次

 

 

1.闇金の嫌がらせを終わりにするための対策方法

2.闇金の嫌がらせにお悩みの方へ

3.闇金の嫌がらせ対策

3-1.闇金の嫌がらせに遭わないために

3-2.闇金の嫌がらせの手口について

4.闇金の嫌がらせは警察に相談していけないのはなぜ?

5.闇金の嫌がらせに終わりはあるの?

6.闇金の嫌がらせによる体験談

7.闇金利用者には自己破産者が多い?

 

 

 

闇金の嫌がらせを終わりにするための対策方法

 

闇金の嫌がらせにお悩みの方へ、当サイトにてその対策方法などをご紹介させて頂いておりますが、とにかく今すぐに話を聞いて欲しい、今すぐに嫌がらせを終わりにしたいという方の為に、まず当サイトが誇る闇金問題を専門に取り扱う法務事務所をご紹介させて頂きます。

 

いつから嫌がらせを受けているのか?
どんな嫌がらせを受けているのか?
これは犯罪ではないのか?
終わりにする方法は無いのか?

 

今胸の内に溜まっているストレスと恐怖を、是非法律の専門家である法務事務所へご相談下さい。

 

相談料は無料ですので費用面で不安をお持ちの方でも安心してご相談頂けます。
まずは、法律の専門家へ、最も有効な闇金の嫌がらせを終わりにする対策方法をご相談されてみて下さい。

 

このサイトを運営する者としては言ってはいけないことなのかもしれませんが、やはり、ご自身でサイトの情報に目を通して頂くよりも、お電話などで直接法律の専門家にご相談された方がはるかに早く問題は解決出来ます。

 

必ず闇金の嫌がらせを終わりにする有効な対策方法のアドバイスを頂けると思いますので、是非以下の法務事務所にてご相談下さい。どの法務事務所も相談料は無料です。ここだと思う法務事務所でご相談されてみて下さい。

闇金の嫌がらせにお悩みの方へ

 

数あるサイトの中から当サイトにお越しいただき、ありがとうございます。
当サイトにアクセスをしていただいたあなたは、今現在闇金からの嫌がらせにお悩みなのではないでしょうか

 

闇金からの嫌がらせは執拗で、借金を返済しない限りは終わることがありません。

 

闇金業者の金利は当然違法で、脅迫的、暴力的な取り立ても法律違反です。

 

本来ならばそれを強く主張して返済しないことを告げればよいのでしょうが、違法を承知でやっているような恐ろしい業者に一人で向かっていくのは大変危険ですし、怖くて言いなりになってしまう方がほとんどではないでしょうか。

 

そのうえお金を借りているという事実がある以上、いくら相手が違法な闇金業者であったとしても負い目を感じてしまうケースが多いのです。

 

闇金の言っていることはもっともだ、自分が悪いんだという気持ちが膨らんでいき、精神的に追い詰められてしまいます。

 

それもそのはず、毎日何度も何度も金返せ、今から行くぞなどと脅し文句を電話口で言われたら、どれだけ強い精神力の持ち主であっても心のバランスを崩してしまうでしょう。

 

心が病んでしまったら、仕事もままならなくなってしまうかもしれません。そうなれば収入が減り、さらに返済ができなくなっていくという悪循環をたどることにもなりかねません。

 

闇金からの嫌がらせをそのままにしておけば、被害は離れて暮らす家族や親せきにまで及ぶことになるかもしれませんし、闇金業者から職場に電話がかかってくるのは時間の問題でしょう。信じられない話ですが、子どもが通う学校や保育園などに闇金が乗り込んできたなどというケースも実際にあるのです。

 

周りの人を巻き込んでしまうことになったら、罪悪感からますます辛い思いを抱えて過ごすことになってしまいます。まだ家族や職場などに被害が及んでいないのならば、今すぐに対策を講じなければならないでしょう。そのために、当サイトをぜひご活用いただければ幸いです。

 

闇金の嫌がらせにお悩みなら、ぜひ当サイトの情報をチェックして対策をしてください。

 

闇金の嫌がらせの実態や手口から、闇金の嫌がらせに対する対策、解決策までの情報を網羅しております。

 

今まさに闇金の嫌がらせに遭っている方はもちろんのこと、これからもし闇金に出会ってしまった場合はどうしたらよいかを知りたい方にも必読の内容となっております。

 

ぜひ当サイトで知りたい情報をチェックし、闇金に関する知識を身につけて対策をしてください。闇金の嫌がらせ対策をするための第一歩は、まず闇金の手口や実態を知ることから始まるといっても過言ではないでしょう。

 

闇金からの嫌がらせは、じっと耐えていても決して収まる事はありません。

 

行動を起こす必要があるのです。ぜひ当サイトをチェックして解決策を見出していただき、闇金地獄からの脱出を図ってください。闇金に怯えて暮らす方、これから闇金の被害に遭ってしまう方が一人でも減ってくれることを願ってやみません。

闇金の嫌がらせ対策

 

お金を借りられる業者が無くてどんなに困っていても、決して闇金からは借りてはいけません。

 

何とか返済できれば・・・などと思ったら大間違いです。

 

闇金の金利が違法なのは当然なのですが、最近では金利が10日で3割や5割、6割などという業者も普通に存在します。

 

そう聞いただけではどれだけひどい金利かということが分かりづらいと思うので具体的に説明をします。
例えば闇金から6万円を借りたとしましょう。

 

10日で5割の金利を取っている闇金業者から借りた場合、利息は3万円になります。

 

つまり、次の返済日には元金の6万円に3万円を上乗せした9万円を返済しなければならないのです。
しかも闇金は返済日までが短く、1週間や10日で返済日を迎えることが多いでしょう。

 

お金に困って6万円を借りた人が、たったの10日後に9万円を返せるでしょうか?
どう考えても無理なはずです。

 

ちなみに、正規の業者から6万円を年20%の金利で10日間借りた場合の利息は約330円です。比べてみれば、闇金から借りることがどれだけ馬鹿げているかがお分かりいただけるはずです。

 

もし闇金に返済ができなかったらどうなると思いますか?

 

当然、恐ろしい取り立てや嫌がらせが待っています。

 

闇金は何としてでもあなたに返済をさせようとしますから、どんな嫌がらせでもしてくるでしょう。お金が返済できない、どうしようという心労のほかに、執拗な嫌がらせを受けることによる心労も加わるということを想像してみてください・・・。

 

毎日のように恐ろしい闇金業者から嫌がらせを受けるなんて、生きた心地がしないと思う方が多いはずです。ですから闇金の嫌がらせに遭ったら、速やかに対策を考えなければいけません。

 

実は、闇金からの借金は本来返済しなくても良いものだということをご存知でしょうか?
貸金業法第42条には、年109.5%を超える利息での貸し付けの契約は無効とあります。

 

さらに、闇金からの借金は不法原因給付に当たるため、元金も含め返済義務がないのです。これは民法の第708条に定められています。

 

ですからどんなにひどい嫌がらせを受けようと、本来闇金への返済義務はありません。
そのことをまずしっかりと理解しておくことが嫌がらせ対策の第一歩となるでしょう。

 

しかしそうと分かっていても、違法な闇金相手に返済しないことを伝えるのは通常は困難なはずです。
万が一自分一人で闇金に返済しないと告げた場合、嫌がらせが激化してしまうことの方が多いはずです。それではどう対策を打ったら良いのでしょうか。

 

闇金の嫌がらせ対策としてベストなのは、司法書士など法律の専門家に相談をすることです。法律のことを私たち一般人が言ったところで闇金は相手にしてくれません。

 

法律の専門家に相談して対応してもらうことが、闇金の嫌がらせに対する一番の対策になるでしょう。

 

闇金は違法な業者ですから、法律で対抗されてしまったらどうすることもできません。闇金はリスクを伴う客をいつまでも追いかけることはしませんから、専門家がついていると知ったら嫌がらせや取り立てがストップするはずです。

 

専門家に相談をして対策をすることが大事なのはお分かりいただけたと思いますが、自分自身が闇金からの嫌がらせに屈しないという強い気持ちも持つことも、嫌がらせ対策をするうえでは非常に大事です。
闇金は違法業者であり、本来返済する必要がないのです。

 

違法業者の嫌がらせなどに屈することなく、毅然とした態度を心がけてください。

闇金の嫌がらせに遭わないために

 

今現在お金を借りようと考えているすべての方が、闇金から借りてしまわないように注意する必要があります。

 

私たちと闇金業者では住む世界が違うと思っている方も多いでしょうが、意外とそうではありません。

 

闇金業者は、あなたの身近にも潜んでいます。

 

今までたまたま接点が無かっただけであり、ちょっとしたきっかけから出会ってしまう危険は誰にでもあると思っておかなければなりません。

 

もし闇金から借りてしまって返済ができないなどということになれば、すぐに嫌がらせを受けることになってしまいます。その嫌がらせは私たちの想像を絶するようなえげつないものです。

 

あなたの精神を確実にむしばむものですし、人生を狂わされてしまいます。

 

しかも、闇金からの嫌がらせはあなたの身に振りかかるだけにはとどまりません。

 

闇金は家族など大事な人にまで嫌がらせをすることによってあなたをさらに追い詰め、どうにかして返済をさせようという手口も使ってきます。

 

このような闇金の嫌がらせに遭わないためにはどうしたらよいでしょうか。

 

嫌がらせに遭わないための一番の対策は、闇金から「借りない」ことにほかならないでしょう。
借りなければ闇金からの嫌がらせに遭わないのは当然の道理です。

 

闇金から借りないようにするためにはまず、闇金の勧誘の手口を知ることが大事です。
闇金の勧誘の手口には、

 

・ダイレクトメール
・街中の電柱や電話ボックス、トイレなどに貼られたビラ
・ポストへの投げ込みチラシ
・電話による勧誘
・ホームページによる勧誘
・Eメール
・友人、知人からの紹介

 

などがあります。

 

正規の業者がダイレクトメールや電話などで勧誘を行うということはほとんど無いでしょうから、これらの勧誘を受けたらまず闇金であると疑ってください。

 

さらにこれらに書かれた謳い文句がやたらとおいしいものである場合は要注意です。

 

誰にでも融資する、ブラックOK、審査なし、無職でもOKなど多重債務者でも借りられるという謳い文句であったり、金利が異常なほど安く書かれていたりするものも闇金だと思ってほぼ間違いありません。

 

携帯番号しか書かれていないビラやチラシの場合、100%闇金業者だと思っていいでしょう。
貸金業の登録番号が書かれているか、それが正しいかということもしっかりチェックする必要があります。

 

もしすでに闇金から借りてしまっているという場合には、嫌がらせに遭わないように今から対策をしなくてはいけません。

 

あなたの家族も闇金からの嫌がらせに遭わないとも限りませんから、家族にもしっかり相談をして事前に嫌がらせ対策をしておいたほうが良いでしょう。

 

借金のことを家族に知られたくないからと手をこまねいている間に闇金からの嫌がらせが始まってしまう可能性もあります。

 

そうなれば問題がよけいにこじれてしまいますから、早めに家族に相談しておくことがベターです。

 

闇金から借りて何も対策をしないでいれば、闇金からの嫌がらせに遭わないことはまず不可能なはずです。ですからすぐに行動を起こすことが大事です。

 

すでに闇金から借りてしまった方が嫌がらせに遭わないためには、すぐに司法書士などの専門家に相談をする必要があります。

 

闇金は違法ですから、法律で対抗されてはどうにもできません。とにかく早めに専門家に相談して嫌がらせの被害を防ぎましょう。

 

もし闇金から借りてしまっても、悲観的になってしまってはいけません。

 

専門家に相談をし、冷静に闇金の嫌がらせに遭わないための対策を考えてください。
闇金に屈することなく、闇金問題は絶対に解決できるという気持ちを忘れないようにしましょう。

闇金の嫌がらせの手口について

 

あなたは「闇金」にどのようなイメージを持っているでしょうか。

 

すでに闇金から借りてしまって取り立てや嫌がらせなどの被害に遭っているという方は、その恐ろしさを身をもって感じているでしょう。

 

しかしそうでなはい方の中には、実際に闇金がどのようなものか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

闇金は金利が高い、違法、いかつい人たちがやっている、取り立てが怖いといったイメージがあるかもしれませんが、それ以上のことはなかなか知らないものではないでしょうか。

 

なかには返済すれば問題ないのだからさほど怖いものではないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし闇金を甘く見ないほうが良いでしょう。金利がありえないほど高いから返済できなくなってしまう方が多いのはもちろんのこと、返済ができる客にもわざと返済をさせず、長く利息を取り続けるという手口を使ってくる場合もあります。

 

利息は先に引かれることが多いですし、利息以外にも何かと名目を付けて手数料を引かれてしまうことも多いのです。

 

途中で闇金だと気づいて借り入れをキャンセルしようとしても、タダでキャンセルさせてくれるとは限りません。キャンセル料を取られてしまうことも考えられるでしょう。

 

このように闇金は、どんな手を使ってでも儲けを出そうとしてくる恐ろしい業者です。
もし利息すら返済できないような状況になってしまえば、容赦のない嫌がらせが始まります。

 

闇金の嫌がらせにはさまざまな手口があります。

 

電話による嫌がらせや変なものを入れた郵便物を送りつける嫌がらせ、電報を使って嫌がらせをするなどという古典的な手口もまだまだ健在ですし、インターネットの掲示板で個人情報をばらまかれるなど、新たな手口も出て来ています。

 

しかも、嫌がらせを受けるのはあなただけとは限りません。

 

離れて暮らす家族や親せきが被害に遭うこともあるでしょう。

 

また、全く関係ないご近所の家に対して嫌がらせをすることによってあなたの立場を悪くし、何とかして返済をさせるという手口もあります。

 

そのほか、あなたの職場に複数の電話から一斉に電話をかけ、回線をパンクさせるなどといった嫌がらせに遭う可能性もあります。

 

会社がこのような嫌がらせを受ければ不利益をこうむりますし、その原因となったあなたもただでは済まされないかもしれません。

 

さらにあなたの職場のみならず、家族の職場にまで嫌がらせが及ぶというケースもあるようです。

 

そのようなことになれば家族に取り返しのつかない迷惑をかけてしまうことになりますから、闇金には絶対に手を出すべきではないのです。

 

闇金からの嫌がらせの手口を知っておくことは、事前に対策を講じるために役立つでしょう。

 

自分だけで対策をするのではなく、嫌がらせの被害が及ぶかもしれない家族にも事前に話しておき、対策を講じてもらいましょう。

 

闇金の嫌がらせの手口はほかにもまだたくさんあります。
主なものや実例などをこのあといくつかご紹介していきたいと思います。

 

闇金の嫌がらせのさまざまな手口の実例を事前に知っておくことによって、実際にそのような嫌がらせが始まった場合にも慌てずに冷静に対応ができるはずです。

 

 

闇金の嫌がらせは会社や職場にも?

やむを得ない理由があったとしても、闇金からお金を借りるのは絶対にやめてください。

 

闇金に一度手を出してしまえば、まさに袋のネズミのように逃げ道を失うことになるでしょう。

 

今すぐにお金が手元に欲しいという気持ちは分かります。ほかの借金を返済するためには闇金から借りるしかないという事情があるかもしれません。

 

しかし、目先のお金を手に入れることを優先するあまりに、これから先の人生を棒に振って良いのでしょうか。大げさに聞こえるかもしれませんが、闇金と関わるというのはそういうことなのです。

 

闇金に返済ができなくなれば、闇金はあらゆる手を使って嫌がらせをしてきます。
それはあなたを恐怖のどん底に陥れ、精神を病んでしまうようなえげつないものです。

 

そしてその嫌がらせは、信じられないことにあなたの会社、職場などにも及んできます。
とにかく闇金は、あなたからお金を回収することを一番に考えています。

 

そのためには手段を選ばないのです。

 

あなたに返済できる見込みがないと分かれば、あなたの会社や職場の電話がひっきりなしに鳴り響くことになるでしょう。

 

会社の電話には取引先や顧客などからの大事な電話がかっかってくるわけですし、ひっきりなしに闇金からの電話が鳴っていたら会社の営業にも差し支えるはずです。

 

さらに、一斉に電話をかけることによって回線をパンクさせるといった嫌がらせをしてくる場合もあります。

 

「代わりに金を返せ」などと脅しをかけてくる場合もありますし、ひどい時にはあなたが直接務めている会社や職場のみならず、別の支店や支社、本社などにまで嫌がらせが及ぶケースもあるようです。

 

もし地元の闇金業者から借りてしまった場合などは、会社や職場に直接闇金業者が乗り込んで来て嫌がらせをしないとも限りません。

 

もし実際このようなことになったら・・・と考えただけでも背筋が凍りつく方が多いでしょう。
会社や職場でのあなたの面目は丸つぶれですし、同僚や上司とも合わせる顔が無くなります。

 

周りがはれ物に触るような態度であなたに接してくることが想像できるのではないでしょうか。

 

居心地が悪い思いをするだけならまだいいほうで、最悪の場合は解雇されてしまう可能性もあります。
仕事を失えば借金はさらに膨らんでしまい、嫌がらせが激化するという悪循環をたどることになるでしょう。

 

まだ会社や職場への嫌がらせが始まっていないのなら、今すぐに手を打ちましょう。

 

嫌がらせが始まってしまったら会社や職場に借金のことがバレてしまうのはもちろんのこと、会社や職場が迷惑をこうむることになってしまいます。

 

早めに対策をすることで会社や職場に借金がばれることも防げますし、すべての嫌がらせを止めることも可能なのです。

 

闇金の嫌がらせに遭ったら、速やかに専門家に相談をしましょう。闇金問題に詳しい司法書士のいる法務事務所への相談がおすすめです。

 

法務事務所なら無料相談できるところが多くなっていますし、弁護士に相談をするよりも費用を抑えることができます。

 

当サイトでは、闇金問題を専門に扱う司法書士のいる選りすぐりの法務事務所をご紹介しております。

 

会社や職場に嫌がらせが及んでしまってからでは遅すぎます。今すぐに法務事務所への無料相談を利用し、対策を行ってください。

 

 

闇金の嫌がらせでピザの出前って本当にある?

 

あなたは闇金の嫌がらせと聞いて、どのようなことが思い浮かぶでしょうか。

 

家に乗り込んで来て玄関に「金返せ」などの貼り紙をされたり、直接玄関に落書きをされたりする、などというシーンが思い浮かぶという方が多いでしょう。

 

しかし、闇金業者は債務者の近くに住んでいるとは限りませんし、そのような派手な真似をすれば、警察に捕まるリスクが一気に高くなってしまいます。

 

ですから、直接乗り込んで来て嫌がらせをするという手口は、実はあまり多くないといえるでしょう。

 

闇金の嫌がらせの手口でよくあるのが、ピザなどの出前が大量に届くというものです。

 

たとえばあなたが、闇金業者からピザの出前を使った嫌がらせをされると仮定します。

 

闇金業者は、勝手にあなたの名前を使ってピザ店に注文の電話をかけます。
届け先はもちろんあなたの自宅です。

 

直接闇金が乗り込んでくるわけではありませんが、ピザ店には頼んでいませんと断らなくてはなりませんし、自分で注文したわけでもないのに迷惑をかけてしまうことになります。

 

ただでさえ、いつ乗り込んでくるか分からない闇金の影におびえているという心理状態ですから、突然玄関のチャイムが鳴ることで本当に闇金が乗り込んできたのではないか?

 

と震え上がってしまうかもしれません。

 

届くピザの量も5人前から10人前と大量なことが多いようです。

 

注文したのは闇金業者だとはいえ、大量のピザが自分のせいで全部無駄になってしまうのかと考えることによって、罪の意識にさいなまれてしまう可能性もあります。

 

頼んでいない、いたずらだと思いますとはっきりと断れば料金を取られることはないはずですが、このようなことが何度も続けば精神的に参ってしまうはずです。

 

出前はピザだけとは限らず、デリバリーの寿司やラーメンの出前であるケースもあります。

 

さらに食べ物が届く以外にも、葬儀屋を呼ばれる、タクシーやデリバリーの風俗などを呼ばれるなどということもあるようです。

 

一度嫌がらせに使われたピザ店に連絡を入れ、もし注文があった場合ピザを作る前にいったん確認の電話を入れてもらうなどの方法もありますが、別の出前を使われてしまうことも考えらえますので完全に防ぐことが不可能な嫌がらせです。

 

この嫌がらせは大量に届いたピザなどの出前に困るというだけでなく、突然予期しない来客があることで債務者の恐怖心をあおるという目的もあるのかもしれません。

 

自分たちが直接出向いて警察に捕まるリスクを負わず、出前の業者に訪問させることによって債務者に本当に闇金が取り立てに来たのではないかと思わせ、心理的に追いつめているといえるでしょう。

 

ピザなどの出前が大量に届けば自分が迷惑するだけでなく、業者側にも大変な迷惑がかかってしまします。それが何度も続いたら・・・かなりの被害になる事が想像できるはずです。

 

全く関係ない人を巻き込めば、結局は自分が罪の意識によって苦しむことになってしまいます。

 

出前を使った闇金の嫌がらせは自分も依頼された業者も不幸にしますから、闇金からお金を借りることだけは絶対にしてはいけないのです。

 

 

闇金の嫌がらせ電話

 

闇金と関わってしまうと、私たちの平穏な生活はじきに壊されていくことになってしまいます。

 

闇金は長く利息を取り続けることを重視しますから、高額の金利を申し付けたり完済をさせないように仕向けたり、多額の手数料を取ることなどによっていつまでもお金を貪り続けます。

 

納得のいかないお金は支払わなければいいと思うでしょうが、執拗で恐ろしい嫌がらせをすることによって客に恐怖心を植え付け、返済を続けさせるように仕向けてきます。

 

簡単に闇金と手が切れると思ったら大間違いなのです。闇金の嫌がらせによって地獄のような毎日をすごすことにならないためにも、闇金には絶対に手を出さないと心に誓ってください。

 

闇金からの嫌がらせの手口には電報や変な郵便物が届く、大量の出前が届くなどといったものがありますが、一番オーソドックスなものはやはり電話での嫌がらせなのです。

 

電話なら遠方の客にも対応ができますし、非通知にしたり何台もの携帯電話を使い分けたり、返済のできなくなった客から取り上げた携帯電話を使うことなどによって証拠も残りにくく所在がつかまれにくいためです。

 

客の自宅まで出向いて派手に喚き散らすようなことをすれば警察に捕まるリスクが高くなりますから、最近では電話での嫌がらせが主流なのです。

 

そのうえ、本人だけではなく連絡先を聞き出してあった親や兄弟の家に電話で嫌がらせをすることもできますし、客の職場や、全く関係の無い近所の家の電話番号を調べて嫌がらせをすることもできます。

 

闇金にとっては、一番手軽で安全な嫌がらせ手口といったところなのでしょう。

 

電話の内容は金返せ、火をつけるぞ、殺すぞなどとひたすら大声で喚き散らし、身の危険を感じさせることによって返済をさせようという手口のものから、一定の間隔で電話のベルを鳴らし続けたり、無言電話をかけたりといった手口のものが多いようです。

 

たかが電話だし無視すればいい、もし電話に出ても気にしなければいいだけと思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし立て続けに鳴り響く電話のベルは、私たちの想像以上に心を蝕むものなのです。

 

そのうえ電話口で延々と人格を否定されるような言葉をまくしたてられたり、身の危険を感じるようなことを言われたりすることを想像してみてください。

 

本当に闇金が家にまで来るかもしれない、殺されるのかもしれないという恐怖心を持つのと同時に、人格を否定されて自己肯定感や自信が著しく傷つけられることによって精神はかなりのダメージを受けることになります。

 

さらに、職場に居る時もひっきりなしに携帯電話が鳴り続ければ同僚からは何事かと思われますし、借金のことが職場にバレてしまわないとも限りません。

 

そしてその嫌がらせ電話は、大事な家族にまで及んでいくことになるでしょう。

 

親や兄弟も、闇金業者から恐ろしい口調でののしり続けられるかもしれません。
その恐ろしさから、電話のベルが鳴るだけで動悸がするような辛い思いをさせてしまうかもしれません。

 

大事な人たちが、あなたの借金のせいで精神的なダメージを受け、電話の音に怯えながら過ごしても良いのでしょうか。

 

あなたや家族が闇金からの嫌がらせ電話で辛い目に遭わないためにも、闇金には絶対に手を出さないでください。

 

 

闇金の嫌がらせで消防車や救急車を呼ばれた?

 

お金を借りたいと考えている方は、お金を借りることそのもの以外のきっかけで闇金と出会ってしまうことも警戒しなければなりません。

 

もし闇金とうっかりかかわってしまって返済ができなくなれば、常人には考えられないさまざまな嫌がらせを受けることになってしまいます。

 

闇金と出会ってしまうきっかけとして、紹介屋などに注意が必要です。

 

どこからも借り入れができない方を狙い、借入先を紹介するからと近づいてきます。

 

紹介料として融資額の2〜4割程度の手数料を要求されることになりますし、紹介された業者は大抵グルです。結局は闇金からお金を借りることになってしまいます。

 

また、高齢者を狙った年金担保にも注意が必要でしょう。

 

年金を担保にして融資すると持ち掛けてきます。

 

年金の証書や通帳と引き換えに融資を受けますが、返済が終わっても証書通帳が返還されないケースが非常に多いようです。

 

そもそも年金を担保にした融資は違法ですから、このような話を持ち掛けられても絶対に融資を受けてはいけません。

 

このようなきっかけで闇金と出会ってしまえば、返済ができなくなるのは時間の問題なのです。

 

なぜなら、返済をさせないように仕向けてくるからです。
搾り取れるだけ搾り取られ、返済が続けられなくなったと分かれば、とたんに常軌を逸した嫌がらせが始まるでしょう。

 

そしてその嫌がらせの手口は、私たちの常識では思いつかないようなものばかりなのです。

 

闇金の嫌がらせの手口の一つとして、消防車や救急車を呼ばれてしまうというものがあります。
闇金業者が債務者の家に消防車や救急車を出動させるように仕向けるのです。

 

なかには消防車が10台くらい駆けつけたという実例もあるようです。

 

消防車や救急車はただでさえ人目を引きますから、近所の人は何事だろうと見に来るでしょうし、「何かあったんですか?

 

などと尋ねられることもあるかもしれません。

 

しかもそれが深夜であれば、救急車や消防車のサイレンの音で近隣に多大な迷惑をかけてしまいますし、自宅周辺の道が狭ければ、ご近所の家の前を消防車や救急車がふさぐなどということにもなりかねません。まさにご近所を巻き込んでしまう嫌がらせといえるでしょう。

 

一度消防車や救急車が来ただけなら誤報だったと言えばごまかせるかもしれませんが、それが何度も続いたらどうなるでしょうか。

 

あの家は何かある、おかしいとあらぬ噂を立てられてしまうかもしれません。

 

ご近所から浮いた存在になり、誰からも相手にされなくなってしまうことも考えらえます。
家族が同居している場合、家族までもがご近所から白い目で見られることになってしまうのです。

 

さらに怖いのは、この消防車や救急車を呼ぶ嫌がらせは、債務者だけが被害を受けるとは限らない点です。

 

離れて住む家族はもちろんのこと、全く関係の無いご近所の家に消防車や救急車を呼ばれたというケースもあるのです。

 

さらに、債務者の職場に消防車や救急車が来たという実例もあります。関係ないご近所の家に消防車や救急車が呼ばれたらどうなってしまうか、考えただけでも恐ろしい嫌がらせです。

 

このような嫌がらせに遭わないために、闇金からは何があってもお金を借りてはいけません。

 

すでに借りてしまった方は、消防車や救急車を呼ばれるような嫌がらせが始まってしまう前になんとか手を打つ必要があるのです。

闇金の嫌がらせは警察に相談していけないのはなぜ?

 

最近では一見エリートサラリーマンのようないでたちで、対応もソフトな「ソフト闇金」などという業者が増えています。

 

金利は従来の闇金よりもソフトなことが多いようで、親身に対応をしてくれることから債務者も誰かに相談をしたり通報をしたりしないケースが多いようです。

 

親身に対応してくれるから頑張って返済しなければという債務者側の心理をうまく利用した新しい手口と言えるかも知れません。

 

紳士的に親身に対応してくれるという点から、家族に内緒で借り入れをしたい主婦などの間で口コミで広がりやすいという危険もあります。

 

しかし、ソフト闇金も違法な高金利を取る闇金業者です。
返済ができなくなれば、いつ態度が豹変して恐ろしい嫌がらせが始まるか分かりません。

 

「安全な闇金」など無いのです。
一度借りてしまえば、借金地獄に陥ってしまうのは時間の問題でしょう。

 

すでに闇金からお金を借りていて、今現在嫌がらせが続いているという方もいらっしゃるでしょう。

 

闇金の嫌がらせの相談といえば、とにかく警察へ行こうと思う方が多いかもしれません。

 

しかし警察は基本的に「民事不介入」という原則があります。
実際にけがをさせられたとなれば話は別ですが、そうでない場合は取り合ってくれない場合も多いでしょう。

 

さらに、証拠が無ければ警察も動けません。

 

せいぜい闇金業者に電話で警告してくれるくらいで、あとは「闇金から何を言われても無視してください」などと言われるだけのことが多いようです。

 

警察から闇金業者に電話で警告が行けば、その怒りの矛先はあなたに向くことになるでしょう。
借りたお金を返さないのが悪いのに、警察に通報するとは何事だと嫌がらせはさらに激しさを増します。

 

警察に嫌がらせの相談をしたことが、結果的に逆効果になってしまうことすらあるのです。

 

ですから、闇金から嫌がらせを受けたら警察に行けばいい、という考えはあまりお勧めできません。

 

闇金からの嫌がらせを警察に相談するのは、実際にけがをさせられた場合や、明らかに命の危険が迫っているときに限ったほうが良いでしょう。

 

闇金からの嫌がらせを警察に相談する前に、法律の専門家である司法書士に相談をすることをおすすめします。

 

法律で対抗すれば、嫌がらせを止めることが可能なのです。

闇金の嫌がらせに終わりはあるの?

 

今現在、闇金の嫌がらせに遭っているという方もいらっしゃるでしょう。

 

電話のベルが鳴ると震え上がり、耳をふさいでやり過ごしているかもしれません。

 

いつ闇金業者が家に乗り込んでくるかと身動きもできず、在宅を知られたくないために夜も電気をつけず、真っ暗な部屋で一人息をひそめているかもしれません。

 

それは出口の見えないトンネルの中を歩いているような絶望感に包まれているかもしれません。

 

嫌がらせが家族や近所にまで及び、すっかり周りの信頼を失ってしまった方もいるでしょう。

 

闇金業者に罵られるままに、自信をすっかり無くして生きる希望を失っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

闇金の嫌がらせに遭っているすべての方が心から願っているのが「闇金の嫌がらせが早く終わってくれること」でしょう。

 

果たして、闇金の嫌がらせには終わりはあるのでしょうか。

 

闇金の嫌がらせは、あなたからお金を搾り取るためのものです。ですから結論としては、法外な利息も含めてすべて返済が終われば嫌がらせは終わりを迎えることになるでしょう。
しかしそれは「すべて返済が終われば」の話。

 

悪質な闇金の場合、全額返済ができる客にもわざと返済をさせず、長い間利息を取り続けようとする場合もあります。

 

ずっと返済をさせてもらえなければ返済が終わりを迎えることはありません。
したがって嫌がらせも終わりません。

 

また、一度返済が終わったとしてもまた勝手に口座に融資をされ、法外な利息を申し付けられる「押し貸し」の被害に遭う可能性が非常に高いのです。

 

理不尽極まりない話ですが、相手は違法な闇金業者、私たちの一般的な常識など通用しません。

 

押し貸しされたお金とそれに対する利息が払えなければ、また嫌がらせを受け続ける生活に逆戻りです。

 

一度闇金の世界に個人情報が知れ渡ってしまったら、さまざまな闇金業者が電話やダイレクトメールなどで勧誘をしてきます。今度の業者は安全かもしれないなどと考えて借り入れをしてしまえば、また嫌がらせに遭うことになってしまいます。

 

つまり、一度闇金と関わってしまえば、闇金からの嫌がらせは終わりが無いと思っておいたほうが良いのです。

 

そう聞いて絶望的になってしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、解決への道は残されているので安心してください。闇金問題に詳しい司法書士がいる法務事務所に相談をすれば、闇金からの嫌がらせをストップすることができます。

 

嫌がらせが激化する前に、今すぐに法務事務所に相談をするべきです。

 

闇金の嫌がらせの相談に法務事務所をおすすめするのには理由があります。

 

弁護士のいる法律事務所にももちろん相談可能ですが、弁護士に相談をすると費用が高額になりがちです。その点司法書士のいる法務事務所ならば、費用を抑えることができます。

 

相談も無料で行うことができますから、嫌がらせを終わりにしたい方は今すぐにでも相談をすることができます。

 

弁護士じゃなくて大丈夫?と不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、その点も安心してください。闇金は違法業者なため、法律で対抗されれば手も足も出ません。

 

司法書士は140万円を超える民事事件は扱えませんが、通常闇金問題の場合は少額なことが多いため、問題になりません。

 

ですから司法書士で十分以対応が可能なのです。

 

当サイトでは闇金に詳しい司法書士のいる法務事務所をご紹介しております。
今すぐに無料相談をして闇金からの嫌がらせを終わりにしてください。

 

耐えていても、闇金の嫌がらせには終わりが無いのです。
勇気を出して今すぐに当サイトでご紹介している法務事務所に相談をし、解決を図りましょう。

闇金の嫌がらせによる体験談

 

Kさん(47)の場合

 

まさか家族の闇金被害に、自分が巻き込まれるとは思ってもいませんでした。

 

そして専門家に相談したおかげで、私の闇金被害は無事に終止符を打ちました。
当然、すぐに返済が滞るようになってしまいました。

 

スマホの着信音が何度も鳴り、金を返せといったことを延々と大声でまくしたてられます。
相談は24時間356日可能なので、不安になりやすい深夜でも対応してくれます。
これが私と闇金との出会いでした。

 

すぐに息子に電話をかけ、問いただしました。
今すぐに何とかしなければと焦り、街中で見かけた貸金業者のビラの電話番号に連絡を取ってしまいました。

 

費用のことが気になって調べてみると、無料で相談ができるとのことですぐに連絡を取り相談をしました。
被害に遭った家族は私たちのように精神的に追い詰められてしまいます。

 

借り入れの時に闇金業者から実家など家族の電話番号を教えろと言われ、うちの電話番号を教えたそうなのです。

 

イベントでほかのユーザーと助け合う際にも、このアイテムは有効です。強力な援護をすると、ほかのユーザーから感謝されるのです。私は、感謝されることがうれしくて仕方がありませんでした。
曇りがちだった日常に光が差し込みますよ。

 

あなたと家族を救ってくれる闇金被害解決の専門家が、そこにはいます。
家族にバレてしまうという怖さと、闇金から怒鳴られる恐ろしさで、私は育児もままならない状況に陥りました。

 

現代ではタコ部屋というものは存在しませんが、闇金が関わっている建設業や風俗で働かされます。半ば、監禁に近い状態での寮住まいとなり、借金に加え、居住料や仕事紹介料が発生します。
本来ですと貸金業をする場合、各都道府県の財務局へ届出を提出しなくてはいけません。
貸金業法を一切無視している闇金ですが、単純に利息だけで利益を出している訳ではありません。お金がある債務者には、罠を仕掛けて陥れ、ギリギリまでお金を搾り取ろうとします。

 

もう、心臓が止まりそうでした。当然私も家族も玄関先へ出ないでいると、そのうちに闇金業者はドンドンとドアを叩き始めたのです。さんざんドアを叩いたり蹴ったりし、外で喚き散らした挙句、その日は何とか帰っていきました。

 

恐る恐る闇金業者にそのことを告げると、今回は金利だけ払えば許すからと言われました。
私が電話に出ないでいたせいでしょうか、なんとある日闇金が自宅まで取り立てに来たのです。
先々の心配が無いため、安心して相談・依頼が出来ますよね。

 

また、この090金融と提携している「名簿屋」から、現在借金をしている人間・以前闇金を利用していいた人間のリストを手に入れ再び融資をしてこようとします。

 

更に、闇金は返済が難しくなると別の闇金業者に紹介をしてきます。

 

もちろん、このような場合は相手にせず無視をすれば良い事なのですが、中には「何かトラブルがあったのでは?」と心配になり、電話をとってしまう方もいます。

 

自分で言うのも恥ずかしいのですが性格は真面目で完璧主義なところがあり、新婚当初から家事も家計のやりくりも完ぺきにこなしていました。

 

一人で解決しようとせず、ここはやはり法務事務所に相談をし、闇金被害解決の専門家の力を借りて解決するべきなのです。

 

しかしその考えはまさに闇金業者の思う壺なのではないかと考えなおしました。

 

「おはよう」「お疲れさま」というちょっとした会話がうれしく、このゲームは私の心の隙間を埋めてくれる大事な存在となりました。

 

家族をこんな目に遭わせてしまったことを、本当に後悔しています。
弁護士と、司法書士がおこなう解決方法は基本的に同じです。
こっそりコンビニへ行ってクレジットカードでキャッシングをしてしのいでいましたが、すぐに限度額をオーバーしてしまいました。消費者金融に申し込みをするも、専業主婦である私には借りることができませんでした。
あまりの迅速な解決に、やはり闇金被害は専門家に相談するべきなんだと痛感しました。
闇金とはどんな業者を指すの?

 

「愚痴る」くらいの軽い気持ちでも良いので、一度話をしてみてください。
そんなこともあり、私はどっぷりとスマホゲームにハマってしまったのです。
当然、ご近所にも聞こえています。

 

また、闇金側もネットや携帯のみのやり取りだけといった手口を変えてきていたり、反社会的組織と繋がっている業者もあるので、法律の素人である債務者が抵抗するには非常に不利なのです。
また、完済できたとしても「これで一安心」という訳にはいかないようです。

 

何度も何度もかかってくる電話が怖くて、出ないでいるとずっと鳴り続けます。
司法書士も闇金の手口を熟知しているので、解決後に接触してこないように対策を取ってくれています。
しかしこれを、主人に相談することはできませんでした。ダメ主婦と思われるのがどうしても悔しかったのです。
このように利息分だけを延々と払い続けていけば、5ヵ月後には利息だけで元金の13万円を超えて支払っていることになります。

 

それだけでもハンマーで頭を殴られたような衝撃がありましたが、なんと一社からではないというのです。
しかし、あくまでも「利息」の支払いのため、元金の13万円は1円も減りません。
私は家族である主人と2歳の息子と暮らしています。

 

最近のゲームはユーザー同士会話ができたり、助け合いながらイベントを進めたりできます。
いわゆる闇金と呼ばれるような業者だとは分かっていましたが、とにかく今回だけ、すぐに返せばいいと思っていたのです。

 

簡単な審査があり、専業主婦であるため主人の勤め先なども教えました。
息子が闇金からお金を借りているという事実だけでも相当のショックを受けているようでしたが、闇金からの電話の被害でさらに精神的ダメージを受けて笑顔も見られなくなりました。
これもすべて、法務事務所に相談したおかげです。

 

返済が難しくなると「別の闇金から借りて完済すれば良い」と、世話を焼いてきますが実際は経営者が同じ闇金だったり、仲間の闇金だったりして借金+紹介料が発生します。

 

返済が難しい場合は、利息分だけを払わせるジャンプという方法を提案してきました。
私は悪魔のささやきに負けてしまったのです。

 

いろいろ調べていると、闇金被害解決の専門家がいる法務事務所に相談をするのが良いということを知りました。

 

私は数年前、闇金からの被害に遭ってしまいました。

 

そんな時主人が、闇金被害に強い法務事務所があるということを調べて来てくれました。

 

相談も無料でできると知り、すぐに二人で相談をしました。その相談のおかげで、なんと主人の職場への電話をすぐに止めることができたのです。

 

そんなある日、突然カード会社からの督促状が届き、ギョッとしました。

 

家族も闇金からの取り立てには常に怯えていましたが、今では平穏な日々がやってきました。

 

一方、司法書士の場合ですと相談料は無料で解決費用は1件当たり3万円〜5万円と弁護士の半分で費用を抑えることができます。

 

 

 

Hさん(31)

 

当サイトで紹介している司法書士は、闇金問題に詳しくこれまでに数多くの闇金被害を科一決してきた実績があります。

 

寝耳に水とは、まさにこのことだと思いました。
業者の名前は聞いたことが無く、これはもしかしたら闇金というものなのではないかと感じました。

 

最近では、債務者によっては完済せず逃げてしまうというケースもあるので、お金を貸す際に健康保険証・パスポートを預かったり、家族や知人・勤務先の住所などを聞き出し、簡単には逃げられないようにしています。

 

気の弱い妻は電話のベルが鳴るだけで心臓がドキドキしてしまうらしく、血圧まで上がってしまいました。
アフターケアまで万全におこなっているので、信頼して任せる事ができます。

 

一部では「闇金と知りながら利用したのだから自業自得」という声もありますが、不況の時代で、銀行や消費者金融からは借りられなくなってしまい、闇金と知りながらも借金を借りざるを得ない人も多く存在します。

 

今思えば本当にバカだったなと思いますが、その時は必死だったのです。

 

とにかく大きな声でした。よく聞くと、息子がその業者から借金をしているというのです。

 

そこには「即日融資可能」「専業主婦、年金の方でもOK!」と書かれていたのです。
今冷静に考えたら、闇金なんかに電話をしなくても方法があったはずです。
そんな時に知ったのが、法務事務所の存在でした。

 

とにかく、主人の会社への電話をやめさせなければなりませんでした。
お金がありません。でも、居場所を失いたくなかったのです。

 

もしも闇金から借りてしまったら、家族が被害に遭う前に速やかに法務事務所に相談するべきでしょう。
しかしそのうちに、金利すら支払えない状態に陥ってしまいました。

 

弁護士の場合ですと、相談する段階から「相談料」として費用が発生してしまいます。

 

ところが息子が生まれた途端、慣れない育児や息子の夜泣きでヘトヘトになってしまい、家計のやりくりを思うようにできなくなってしまいました。息子が生まれる前は余ったお金を貯金できていたのですが、息子が生まれてからというもの、余るどころか赤字続きになってしまったのです。

 

 

法務事務所への相談により、わが家への闇金業者からの執拗な取り立て電話もかかってくることはなくなりました。

 

みんなの役に立ちたくて、課金してアイテムを手に入れる日々。
更には、取り立ても法律ギリギリのところでおこなってきます。

 

それ以外にも、何としてでも接触したい闇金側は「電話を無視している」と因縁をつけて自宅への嫌がらせをしてくるなど、完済しても闇金の恐怖から逃げられない事態に陥るケースもあります。

 

もちろん、このスマホゲームでの課金のし過ぎが原因でした。
では、なぜ闇金被害の相談は「弁護士」ではなく「司法書士」なのでしょうか?

 

家族に泣き言を言うのは、プライドが許しませんでした。
闇金業者からの違法な金利は払う必要がないそうで、思い切って相談をして本当に良かったと思いました。

 

ドアをドンドンと叩かれ、怒鳴られるたびに私は布団をかぶってやり過ごしました。
分5000円〜請求され、着手金・成功報酬など事あるごとに費用が上乗せされていき相談料+6万円〜10万円程かかります。

 

見た瞬間、これだ!と思ってすぐに電話をかけました。
家族にバラすぞなどとたびたび脅しもかけられました。

 

すると、東京の闇金業者から借金をしてしまい、激しい取り立ての被害に遭っているということを白状しました。
なんと闇金業者は、主人の勤め先にまで電話をするようになったのです。
まさか闇金が家族の職場にまで電話をするとは思っていなかったため、私は目の前が真っ暗になりました。

 

家族の給料が入っても、支払える見込みがありません。

 

すると闇金業者の態度が一変し、激しい取り立てが始まったのです。
しかも、主人は職場で肩身の狭い思いをする羽目になってしまったのです。

 

自宅や職場への嫌がらせを始め、近所へ闇金を利用しているというのをわかるような取り立てをしてきます。
その相談により、闇金業者が電話をしてきたり自宅に押しかけて来たりすることはなくなりました。
イベントを有利に進めるには、ガチャで出るアイテムをたくさん所持する必要がありました。
課金地獄の果てに…

 

「闇金」とはどのような業者なのでしょうか?

 

マナーモードにしても闇金からの電話だということが家族にばれるのではないかとヒヤヒヤする毎日。
10日を返済期間とし、元金に1割から5割の利息がつく。

 

闇金関連の相談は、人にはなかなか話しづらく一人で抱え込みがちです。
この届出を提出していなかったり、提出していたとしても違法な金利で貸金業をおこなっている業者の事を指します。

 

闇金から借りたお金を完済できても、別の闇金業者から勧誘の電話がかかってくるなど、新たな闇金関係の問題が発生します。

 

原因は分かっていました。育児疲れで料理をすることができずついコンビニでお弁当を買ってしまったり、乳児を抱えてあまり外に出られないストレスから、スマホの通販サイトでつい買い物をしてしまったりということが積もり積もった結果です。

 

その音を聞くと心臓が締め付けられる思いがしました。
私の軽はずみな行いのせいで家族をこのような被害に遭わせてしまったのですから、悔やんでも悔やみきれません。

 

以上のように、借金を完済しても闇金が関わってくるとなると、完済の目途があったとしても安心して過ごす事はできませんよね。

 

例えば、現在の法律では借入額が10万円までならば利率は20%以下まで、100万円までの借入額ならば、18%までと上限が定まっています。

 

そして今思います。もう二度と闇金には手を出してはいけないと。

 

なぜ、その様な事になるのかというと、従来の店舗型・対面型の闇金とは違い、捕まりにくい「090金融」と呼ばれる姿を見せない闇金が主流になりつつある現在では、債務者からお金を絞り出せると判断すれば、闇金業者は姿がわからない事を良い事に更に接触をしてこようとします。

 

このように、一度闇金と関わってしまうとお金を搾り取られ、完済したくてもできないという状態に追い込まれます。

 

また、上記で説明したような完済後の闇金からの接触の心配もありません。
しかしその後も、たびたび闇金業者が自宅までやってくるようになりました。

 

それでも、闇金が接触してきた場合は、司法書士に再度依頼をするのではなく、継続して相談可能なので、新たに契約料を請求される心配もありません。

 

専門家ならではの対策法なども聞けるかもしれません。
途方に暮れていた時、マンションの集合ポストに入っていた一枚のチラシが目に留まりました。

 

 

Wさん(49)

 

子どもたちも手を離れ、主人とはほとんど会話もなくなり、病気がちで仕事もしていなかった私は、なんとなく家族の中で居場所の無さを感じていました。

 

初めは3万円を口座に振り込んでもらいました。

 

返済日は10日後と説明を受けましたが、10日後どうしてもお金が足りず全額返済することができなかったのです。

 

年頃の娘が家を出たときに闇金業者と鉢合わせをし、卑猥な言葉を投げかけられたこともありました。
闇金の手口、債務者の現状も理解しているので「報酬をすぐに用意する事ができない」という方の為に、後払い・分割払いにも対応してくれます。

 

闇金対策は、地方自治体や警察も対応しようと活動していますが「憲法」と「民法」の壁がある以上、警察は完全に債務者を守り切る事はできません。

 

チャイムが鳴ったのでインターホンに出てみると「おい、金返せコラ、開けろ」と怒鳴り声がしました。

 

家族を思う気持ちがあるのなら、家族を巻き込む恐れのある闇金からの借金は絶対にやめるべきだと私は思います。

 

アイテムをコンプするために数万円がすぐに消えていきます。

 

各司法書士のホームページに設置されている「相談窓口」で相談する事ができます。

 

すると優しかった闇金業者の態度は急に変わり、いわゆる取り立ての電話がかかってくるようになりました。
闇金業者から「またご融資しますよ」と電話がかかってくるとつい誘惑に負けてしまう日々が続きました。
最初の借り入れはすぐに返済することができました。

 

ですが、専門家に相談をすることで、確かな回答をもらう事ができますし親身になって話を聞いてくれるので、相談を終えるころには気持ちが楽になります。

 

無料で相談ができるということで、さっそく息子と一緒に相談をしました。

 

しかし、大きく異なってくる部分があります。それは「解決までにかかる費用」です。

 

私が電話を取ると、お前の息子がした借金なんだからお前が払え、というようなことを大声で言われます。
闇金でお金を借りると、家族にまで被害が及んでしまうことがあります。

 

大事な家族をそのような被害に遭わせるのは誰だって嫌な事であるはずです。

 

例えば、10万円借りた時に利息が1ヵ月で3万円になるとします。

 

本来ですと、1ヵ月後には元金を含む13万円を返済しなくてはいけませんが、難しい場合は利息の3万円のみ支払うだけでOKとなります。

 

唯一の居場所であるスマホゲームを、簡単にやめることはできませんでした。

 

なんと12万円も残高が不足しているというのです。
すぐに折り返し電話があり、審査に通ったのでご融資しますと言われてホッと胸をなでおろしたのを覚えています。

 

闇金関係の相談ですと、無料で相談する事が可能ですし、闇金被害は全国各地に大勢いるので、全国に対応している事務所が多いので心配はいりません。

 

闇金被害で生活が困窮状態にあるのに、その上、解決費用でお金には困りたくないですよね。

 

とにかく執拗に電話がかかってくるので、これ以上被害を受けないためには、息子が作った借金とはいえ家族である私たちが肩代わりしてさっさと解決してしまったほうが良いのではないかとも思ってしまったこともあります。

 

息子が闇金から借金?!闇金業者から急に電話が
しかし、闇金はそれをはるかに上回る高利率で融資をおこなっており、気が付くとあっという間に借金地獄へ陥ってしまっているという訳です。

 

ちょっと家計の足しにのつもりが…
しかしその時は、督促状が来たということですっかり気が動転してしまっていたのです。

 

もし今闇金被害に遭って家族を巻き込んでしまっているという方は、ぜひ法務事務所の無料相談を利用することをおすすめします。被害が広がる前に、とにかく早めに相談した方がいいですよ。

 

闇金から完全に逃げ切るには?

 

どうしよう、生活費が足りない…。

 

闇金にお金を借りてしまったら、迷わず専門家に相談をしましょう。
自分が必要とされているという実感を得たくて、イベントのたびに無心でガチャを回すようになってしまいました。

 

闇金業者からの電話はしょっちゅうかかってきました。
闇金がどのようにして儲かっているのかというと・・・

 

当然闇金から借金をしていることが主人にバレてしまいました。

 

妻が出たのですが、なんだか怖い口調で訳の分からないことを言ってるからお父さん代わって、と私に受話器を渡してきたのです。

 

私の闇金被害の体験談をお話しさせていただきます。
これはもう、自分たちの力ではどうにもならないところに来ていると悟りました。

 

まだ、依頼するまでに気持ちが傾いていなくても構いません。
そんなある日。

 

ある日突然知らない貸金業者から電話がかかってきました。
なんでも、闇金被害の解決に詳しい専門家がいる法務事務所があるとのこと。

 

万が一闇金被害に遭ってしまった方は、一日も早く法務事務所に相談してください。
もちろん、家族には内緒でした。

 

こちらも、誰にも相談することができずに困ってしまいました。闇金業者からの電話はこちらを責めるような内容が多く、自分が借金をしたわけではないのになんとなく罪悪感を感じ、気持ちが追い詰められていくようでした。

 

スマホのバイブの音でやっと寝かしつけた息子が起き、泣き出してしまうこともしばしばでした。

 

だからこそ、闇金被害の対策に特化している司法書士に依頼するという事が、闇金被害を解決するためには最適の方法と言えます。

 

闇金は優しい謳い文句で勧誘をしてきて、最初は抵抗の無い低額の借金を勧めます。一見、すぐに返済できそうな気がする額でも、闇金は高金利で営業しているので、数日すると返済額は跳ね上がっています。

 

 

 

闇金問題に強い法務事務所の連絡先一覧


ウイズユー司法書士事務所

 

名称 ウイズユー司法書士事務所
代表 奥野正智
(おくの まさとも)
登録番号 大阪司法書士会 第2667号
所在地 〒530-0044
大阪府大阪市北区東天満1-11-15
電話番号 0120-564-006
概要 まず、こちらは弁護士事務所ではなく、司法書士が集う司法書士事務所です。よく、司法書士に闇金問題が解決出来るのか?と聞かれます。ですが、司法書士も弁護士と同様に法律の専門家です。弁護士とは少々問題の解決方法が違いますが、その点も踏まえしっかりとご説明させて頂きます。何より、これまでに多くの闇金問題を解決したという実績がありますのでご安心下さい。ご相談は無料です。いつでもお気軽にご相談下さい。
ホームページ http://withyou1.com

ジャパンネット法務事務所

 

名称 ジャパンネット法務事務所
代表 小宮山博之
(こみやま ひろゆき)
登録番号 東京司法書士会 1392号
所在地 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-19-11
電話番号 0120-501-769
概要 闇金問題の処理は実績と経験が豊富な法律の専門家であるジャパンネット法務事務所にお任せ下さい。私たちが違法な取り立てからあなたをお守り致します。もちろん、借りたお金の返済は不要です。完全に関係を断ち切り、アフターフォローも万全です。ひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談下さい。ご相談は何度でも無料。24時間365日いつでも対応可能です。
ホームページ http://www.japannet.co.jp

ウォーリア法律事務所

 

名称 ウォーリア法律事務所
代表 坪山正義
(つぼやま まさよし)
登録番号 大阪司法書士会会員 第3831号
所在地 〒530-0047
大阪市北区西天満4-10-4
電話番号 0120-501-548
概要 戦う正義の司法書士として闇金問題に真向から立ち向かう法務事務所がこちら、ウォーリア法務事務所です。闇金への支払いは依頼した瞬間から一切不要!もちろん相談料は無料で24時間相談を受け付けしています!あなたと共に戦うウォーリア法務事務所に是非一度ご相談下さい。
ホームページ http://www.warrior-law.com

エスト リーガル オフィス

 

名称 エスト リーガル オフィス
代表 東口昌弘
(ひがしぐち まさひろ)
登録番号 大阪司法書士会所属 第3524号
所在地 〒531-0072
大阪市北区豊崎3-4-14
電話番号 0120-137-256
概要 ご自身だけではなかなか解決出来ない問題、その一つに闇金問題があります。断っても勝手に貸し付けされてしまう闇金は、一度関係を持ってしまうと、その関係を断つのが非常に困難と言われています。ですが、私たちエスト リーガル オフィスにご相談下さればその問題は間違いなく解決することが出来るでしょう。まずは無料相談からお気軽にお電話下さい。
ホームページ http://est-legal.com

Duel(デュエル)法律事務所

 

名称 Duel(デュエル)法律事務所
代表 正野嘉人
(しょうの よしと)
登録番号 東京弁護士会 第19816号
所在地 〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町16-5 新日本橋長岡ビル3階
電話番号 0120-166-025
概要 私達は闇金による取り立て、脅し、そして高利の貸し付けを絶対に許しません。私達はご相談者様を責めることは一切ございません。借りた人が悪いのではない。貸す方が悪いのです。闇金問題は、闇金問題に注力するDuel(デュエル)法律事務所にお任せ下さい。あなたの生活を元通りに出来る自信があります。ご相談は無料です。お気軽にお電話下さい。
ホームページ http://duel-lawoffice.jp